面貸し美容室!
美容師とサロンを繋げる求人サイト
[全国版]

面貸し美容室 TOP » 美容師独立開業支援 » 美容師独立開業方法(出店準備・起業まで)

美容師独立開業方法(出店準備・起業まで)

独立開業

美容師さんが独立し開業するまでの準備段階を調べてみました。
このページでは、以下の美容師の独立方法を紹介します。

1.自分の店舗を構えて経営する方法
2.面貸し美容師として個人事業主になる方法

美容師さんの年収

美容師さんの平均年収は260万円ぐらいと言われています。
月の平均が20万ちょっとですから他の仕事と比べても非常に少ない方ではないでしょうか?
ボーナスも寸志程度でしょう。華やかな仕事に見えますが給料自体はそれほど多くはないです。

しかし美容室を経営することになると話は違います。雇われの給料より売上次第では多くの収入を得ることができるようになります。

美容師さんなら一度は自分の店舗を持ってみたいと思うと思いますが、独立開業するためには多くの問題が自分に降りかかってきます。

①店舗を構えて経営する方法

資金準備

まず、最低1000万円以上は開業資金として必要になってきます。

内訳ですが店舗の保証金、店舗の改装などによる設備投資、工事費、オープン前の広告費、はじめは収入の確保ができないので運転資金も必要になってきます。

 

独立準備

自分の顧客が離れてしまわないような対策と、今までお世話になった美容室との関係が壊れないように、応援してくれる状態でやめたいですね。

今、勤めている美容室さんもあなたが抜けることで売り上げが下がり経営困難になってしまうかもしれませんので、準備段階や勤める前に独立開業の予定があることを伝えていたほうがいいでしょう。

 

美容室の場所探し

一番重要なところですが、売り上げの10%程度に抑えることができるなら黒字経営も容易になってくるでしょう。逆算で月の売り上げがどの程度必要なのか?またミラーや椅子の数、従業員の数などの全体的な構成が浮かんでくると思います。

 

融資

開業に必要なお金を融資によって集めるのなら国民金融公庫がおススメです。親族などの連帯保証人が必要になるので、中途半端な考えで開業する行為は、迷惑になるだけですから慎重に計画しましょう。融資の際には事業計画書が必要になってきます。

 

店舗改装・工事

店舗改装は7~8年で改装しなくてはならないことを覚えておきましょう。

内装料金のコストも売り上げから逆算して長期経営でペイできる計算を行い内装費用にするべきです。機材購入はリースなどもありますのでコストを抑えるには検討する必要もでてきます。消耗品などの備品などの購入も必要になってきます。

 

スタッフ・アシスタント募集

面接、給料体制、従業員の教育など仕事をする上でのルール事項を決めなくてはなりません。雇用契約書などの作成も必要ですね。

 

広告・集客方法

お客さんの集客方法を考えなくてはなりません。広告費にどの程度予算をあてるのか?チラシ、ポスティングなどはどうするか?インターネットでの集客なども考えたほうがいいでしょう。

 

まとめ

個人事業主として経営者になるのですから、これらのことを一人でこなしていかなくてはなりません。従業員で気楽に仕事をするのもいいでしょう。しかし、収入面ではやはりそれに見合った報酬しか貰えないのです。

多大なコストをリスクと捉えて美容室の経営ができ生き残れる人は、
新規開店にに対して20~30%と言われています。

売り上げが完全に見込める保証もできない状態で開業する不安・返済リスク、これが経営するあなたに降りかかります。

この不安を限りなくゼロにできるのが、次に紹介する新しい美容師の生き方
「面貸し美容師として個人事業主」となる方法です。

②面貸し美容師として個人事業主となる方法

個人事業主として開業する方法として面貸しのサービスを利用する方法があります。
面貸しとは、美容室やサロンの一部を借りて働くシステムです。
ミラーレンタルとも言います。
この面貸しでは、店舗を構えて経営する様なリスクが大幅に少ないことから、
若い美容師さんにとって人気のシステムだと言えます。

面貸しの料金体制ですが

1.還元、歩合タイプ
2.時間制
3.月額固定費
の3種類があります。

還元、歩合タイプ

還元、歩合タイプですが、美容師さんの売り上げの40~60%を報酬として受け取るシステムです。
100万円の売り上げがある場合は、40~60万円が給料になります。

 

時間制

時間制ですが、1時間1500円~2500円でレンタルスペースを借りる方法です。
引退した方や主婦の方が、少しの時間使いたいときなどに利用しています。

 

月額固定費

月額固定費は、月に決められた金額を払うだけのサービスで、場所にもよりますが5万円~個人事業主になれます。

 

まとめ

自分のスタイルに合わせて条件を選ぶわけですが、お勧めは月額固定費ですね。ある程度の売り上げが見込めるのならば月額固定費で報酬アップ間違い無しです。

しかも店舗を構えて経営するよりリスクが少なく、報酬も高い・自由な時間もできるという美容師さんにとって最高の仕事環境ではないでしょうか?

美容師の独立開業前の資金集め、個人事業の練習にもなります。新しい美容師の働き方としてはじめてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です