面貸し美容室!
美容師とサロンを繋げる求人サイト
[全国版]

面貸し美容室 TOP » 美容師独立開業支援 » 美容師・ネイリスト・スタイリストのプチ独立とは?

美容師・ネイリスト・スタイリストのプチ独立とは?

店舗経営の難しさ

店舗を用意して経営することが賢い選択でない世の中です。
美容関係の店舗は、年間1万件ぐらいオープンしているようですがその中で生き残るのは20~30%程度と言われています。

確率を見るとほぼ失敗していますね・・・・

何故なんでしょうか?考えてみました。

 

なぜうまくいかないのか?

まず利益率の高い美容関係の仕事で何故?赤が出てしまうのか?

まずコストの問題です、新規オープンにかかる費用は数千万円かかると思うのですが、そのコストを売り上げからペイすることができない場合が多いです。

そして家賃の問題、一等地では数十万円かかる家賃を売り上げから捻出するのですから、月に売り上げなければならない金額もおのずと計算できてしまいます。しかし結果として家賃の重圧が経営困難に大きく響くようです。

また開店してからの運転資金も必要ですので売り上げが少ない始めの方は、ある程度の資金が必要なのでそれを確保してない場合は危険です。新規顧客の獲得方法にも問題がある場合があり、顧客を増やすことができなければ廃業するしかなくなります。

やはり借金をしてまで経営することはかなりのリスクを背負うことになります。もしも失敗しようものなら多額の借金しか残らないわけですから・・・・

 

面貸しのスタイルでプチ独立

独立開業をするなら店舗を持つよりは面貸しのスタイルで個人事業主として美容師さん、ネイリスト・スタイリストさんとして働く方がリスクは少なく、報酬も多くもらえます。

個人で店舗を経営するより多くの収入を得れる場合もあるのでリスクのある店舗経営が賢い選択ではないと言えるのです。

ただ面貸しのスタイルもいろいろあります。自分の生活環境にあわせたシステムを利用することをお勧めしますが一番報酬を得れるのは、月額固定費の面貸し美容室でしょう。

 

まとめ

店舗経営
資金が必要、リスクあり、収入は経営力にあり
時間の自由はなし、常に店舗経営のことを考えなくてはならない

面貸し
リスクなしの高収入、店舗経営のリスクはなし
自由な時間あり

若い人が面貸しを利用するのにはメリットがありすぎると言えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です